note

LO ring 03 : Monet

2021.05.21

みなさま、ご無沙汰しておりますモネです。

梅雨が始まり、低気圧に少々やられております。

再販日が 5/29 Sat. 22:00 - と変更になりました。
当初の予定でお待ちいただいていたお客様、大変申し訳ありません。
新作アイテムの反響が多く、少しでも多くのお客様へお届けできますよう追加生産をしています。
もうしばらくお待ちいただけますと幸いです。

それに伴い、IGライブも 5/28 Fri. 21:00- へと変更となっておりますので併せてご確認いただけますと幸いです!

本日は、次回の再販のニューフェイスとなります、ダルメシアンジャスパーのリングです!

ダルメシアンジャスパーは、災いやネガティブな気を取り除いてくれるお守りのようなパワーストーン。

こちらはストーンの色味に2タイプございまして上の写真はストーンが暗めのもの。

ボリュームがあるのに雰囲気がかなり大人っぽいのは絶妙なストーンのサイズですかね。

普段あまりストーンのリングをつけないんですがこちらは肌馴染みがよく着用しやすいなと。。

こちらはストーンの色味が明るめです。
ベースのカラーの明暗があります、ストーンなので全く同じものがないと思うと唯一無二なアイテムとしてより愛着も湧きます。

夏なので、少しチャンキーなリングを着用したいですね。
白いワンピースにこういうリングを付けたいな。、

夏に向けて、気分もリフレッシュしたいですね。

少し蒸し暑くなってきましたね、みなさま体調には気をつけてください!

Monet

shape ring 06 : Monet

2021.05.04

みなさま、初めまして。Monet(モネ)です。

初めてのnote投稿となるので少しご挨拶をさせていただきます。

私は、以前からLOROでの撮影などビジュアルコンテンツをお手伝いさせていただいていました。
今年の2月から拠点をニューヨークから日本へ移して引き続きLOROにてアートディレクションをしております。

海外生活は 6、7年くらいになっていました、気付いたら、、。あっという間でした。

LOROはお客様の中に海外の方もいらっしゃるので同じような内容を英語でも発信してこうかと思います。

初めての投稿なのであまり何を話せばいいかわかりません、笑
ただこれから、IGで書ききれなかったりもっとDeepな内容をこちらのnoteで色々と綴らせていただきたいなと思います。

今回のこの写真のリングは shape ring 06 というタイトルで、5周年に向けての"LORO"らしいデザインを
ぎゅぅ〜っと詰め込んだリングです。一つでポン、そんな感じのアイテムかと思います。

なんとも言えない曲線と均一ではないラインが好きです。不揃いな感じ、ふぞろいな林檎たち。
貴金属が肌をしっとり包み込んでくれるようなとろけるアイテムです。

発売は今月末です。みなさんも是非このとろけ具合お楽しみくださいませ。

Hi everyone, I'm Monet.

This is my first note post, so I'd like to say a few words.

I've been working LORO with visual content such as photography or art direction for a while now.
In February this year, I moved my base from New York City to Japan, and I continue to do art direction at LORO.

I lived abroad for about 6 or 7 years. It was like a second.

Since LORO has some overseas customers, I'd like to post the same kind of information in English.

I'm not sure what to say in my first post, lol, but I'd like to write more about things that I can't write enough about on IG, and I'd like to write about deeper things in this note.

Hope you enjoy this!

Thanks,
Monet

NEW サブロゴ について

2021.04.25

こんばんは。


またまた、お久しぶりの更新になってしまいました。


デザイナーの菅原と申します。



今回はまたまた文章のみになってしまいますが、
よろしければ読んでいただけると嬉しいです。



世界は、まだまだ大変な状況が続いていますが、
ありがたいことに、LOROは今年で5周年を迎えることができました。


日々ご愛用いただいているお客様、本当にありがとうございます。
この場をお借りして感謝申し上げます。

ブランドも少しづつスタッフ数も増えて来ましたが、発送方法などは当初からあまり変わらず
スタッフの皆さんのお力もあり、ブランドの伝えたいことなどを発送に乗せて伝えることができているのではないかと思っています。
(力不足でしたら申し訳ございません。お声くださると幸いです。)



5年間続けているうちに、様々な気持ちを体験してきました。
ブランド立ち上げ当初は、自分がこんな服に合わせてこのアイテムを着用したら
可愛い!という気持ちだけで走ってきましたが、


専門知識もたくさんついて、海外ブランドのジュエリーの歴史を知ったり、
知識が増えていけば行くほど、プライドが高くなったり、
変に頭が固くなってしまったり、焦り、プレッシャーを勝手に感じたりして


一時期は全く仕事が手につかない時期も実は経験してきました。



しかし、年齢を重ねて体は疲れやすくなる一方ですが (照)
支えていただくスタッフや、お客様の声を素直に落とし込むことが
できるようになってきたのが、今年に入ってからです。(厄年なのですが、厄払いに
行ったからでしょうか。。)



5年間でできた偏った考え方(これはこう着用しなければいけない、ジュエリーはこうでなければいけない、こういう人に着用していただきたい。。。など)



そういうのを一旦頭から排除して、無になった時に、もっと色んな方に自由に
楽しんでいただけるジュエリーを提案できればいいなという考えに辿り着きまして(当たり前ですね)



今回、NYから来てくれたアートディレクターの小林と、アーティストの高原さんに
サブロゴを作ってもらいました。



ハンドメイド感を出す、歪な円に重なり合う部分は、たくさんの方に響くアイテムを。という意味
が込められています。はみ出している部分は、個性的なアイテムが好きな方にもご提案したい
(私自身が結構個性的なアイテムも好きなのです)という気持ちを込めて。



重なりの濃くなっている部分は、実はLOROのLが隠れています。



ただ、売れそう。とか、受けが良さそう。とか、そういう意味での
たくさんの方々に響くアイテムを、という意味ではなく、私たちブランド側が
絶対に可愛いと思ってご提案する上で、いつもの好きを少しジュエリーで冒険したら
全然違って見えるかも、とか、そういうアイテムのご提案ができれば。といった
感じです。
(ですので、ぱっと見は可愛い。。?となるアイテムも多々あるかもしれません。)



長くなってしまいましたが、今後も小さく、少しづつ前進しながら
ブランドが継続できるように努めて参りますので、
よろしければ今後ともご興味をいただけたら幸いです。


長々とした文章、最後までお付き合いいただきまして
ありがとうございました。

大変な時期が続きますが、どうかご自愛くださいませ。


LORO 菅原


銀座三越POPUP

2020.12.09

こんばんは。


またまた、お久しぶりになってしまいました。。。



今、明日からのPOPUP準備をしていて
ボサボサの状態で、このブログを書いています。




明日からの1 週間12月9日から15日。
LORO 1117 (少しのブライダルライン) のPOPUPが開催されます。




大変な時期ではありますが、楽しんでいただけたらと思いたくさん準備してきたので
ご無理されない範囲で御来店いただけたら嬉しいです。





何より、手にとってみていただける機会を中々今年は作ることができなかったので
年内最後にPOPUPの実施ができて少し安心しています。



寒い日が続きますが、是非皆様の御来店をお待ちしております。



LORO  菅原

新作アイテム 

2020.11.20

こんにちは。

お久しぶりの更新になってしまいました。
文章を書くのが苦手でして申し訳ありません。


新作の丸いシリーズですが、今までエッジの効いたアイテムが好きでやってまいりまして、
メンズライクな方がより女性らしさを際立たせる!と思いやってきたのと、年齢を重ねても
上品に、御着用いただけるようにと、ニュアンスなどは付けずにやってきました。


そして、今回の丸いシリーズですが、飽きずに、上品に御着用いただける。というのは
大前提に、重さにも拘っています。


何で丸?という部分につきましては、丸い形状は安心感を与える形状(物体としての認識が
、四角い角のあるものより人間は認知しやすいと言われています。)


何だか、自分もこんな時期で安心したいし、安心して欲しいなと無意識にこの形状ばかりご提案して
しまっていました。



LO ピアス(丸玉のピアス)は、きっと持っていただけたらおお。となっていただけるアイテムのはず。。
ストレスにはならない重さですが、中が空洞すぎて安っぽく感じてしまう(使用する地金が少ない方が、材料費は浮くのですが、ストレスフリーなので、あくまで私の考えです。)ジュエリーは、ちょっとご提案したくないなあ。と思い、


ほんのり中空洞くらいで仕上げてみました。


リングも同じく少しだけ重みを持たせています。
腕が丸玉を挟み込むタイプと、ストレートのタイプの2種類を
準備させていただいていまして、

上記画像の挟み込みタイプの方がすこし綺麗め、な印象になります。
(女性らしい。といった感じです)





ストレートタイプは、すこしメンズライクに、カジュアルでも着用いただけるかな。と思います。

シルバー、ゴールドのミックスタイプか、シルバー925タイプか。。
最近はゴールドも着用する頻度が増えてきたため、ミックスタイプもオススメです。

そして、しばらくお声をいただいていた jn pierce。

P pierce sというアイテムをご提案させていただいているのですが、
耳たぶのサイズがすこし不安です。とのお声をいただいておりまして


ハーフタイプでご用意をさせていただきました。

イヤリングのお声もいただいているのですが、
自分が頭が痛くなるのが嫌でつい避けてしまっています。
(シリコン樹脂でもいいのでしょうか、嫌ですよね。。)

こちらもシルバー、ゴールドの2色展開でご用意させていただいています。


そして最後に!一番気に入っている、LO バングル。

(服がシワシワですね。すみません。)

数は少なめですが、こちらは着用いただいた方が断然可愛いアイテムです。いつもの形状のバングルからすこし気分を変えて
みたら、え!いいじゃん!となっていただける。。(はず。。)
こちらも楽しみにしていただけたらとても嬉しいです。




長々と失礼しました。


皆様、まだまだ不安な時期は続きますがお体ご自愛くださいませ。



ご覧頂きまして、ありがとうございます。



vintage ラインについて

2020.08.13

こんにちは。


l’oro 1117 の菅原です。


暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
みなさま水分補給をしっかりして、熱中症などお気をつけくださいませ。


今日はヴィンテージラインのアイテムについて、少しお話をさせていただきます。


昔は、ジュエリーは高価なもので安く手に入る。というものではなく、
お金をももっている貴族たちが完全オーダーし、一つ一つ職人の手によって製作されていました。


イミテーションジュエリー、コスチュームジュエリーと言われる、素材に金やプラチナといった
貴金属を使用しないで気軽に楽しめるアイテムを提案したのは、ココシャネルがはじめと言われています。
それでも完成度は高く、本物のジュエリーと見分けがつかないと言われていました。


私がヴィンテージジュエリーのお取り扱いをスタートしたいと思った理由は、


『大切にされてきたから何十年も残れてきた、何十年も残れるアイテム』


そんなアイテムを提案したいと思ったからです。
(l’oroも1117も同じ気持ちで販売させていただいています。照)


ビンテージは基本的に現在から100年前までに製作されたアイテムを意味していて、
それよりもっと昔はアンティークアイテムになります。


今から何十年も前に海外で作られて、今自分の手元にあるって、なんてロマンチックな!!!

はい。
そこに尽きます。
お子さんができたら、ママのお下がり〜なんて言っていただきながら引き継いでいっていただくのも
いいですし、自分へのプレゼントでもいいですし。

遠い国で作られて、何十年も誰かの手を渡って今自分にたどり着く。
えー。。好き。という気持ちでヴィンテージラインを始めます。


何より、大切にされてきたヴィンテージジュエリーの良さが皆様に伝わると嬉しいな!
と、心から願っています。



おわり。(ヴィンテージ のゲシュタルト崩壊が起きています








2020 -formless- 新アイテムのデザインイメージにつきまして

2020.07.19

こんにちは。

l’oroの菅原と申します。

いつもl’oroをご覧いただいている皆様、ありがとうございます。
今回何アイテムか新作の追加がございまして、アイディアのイメージと意味合いを
今回お伝えができればと思い、今書いています。

シンプルで、ベーシックなアイテムが好きで今までご提案させていただいてきたのですが、
今回も、シンプルでありつつ少しだけデザイン製のあるアイテムをご提案したいなと思い
roundシリーズを製作いたしました。



通念のデザインコンセプトである、formless 形のない、枠のない。
個性はすでに個人個人が持っていて、その個性を邪魔しないアイテム。という意味合いで
テーマとして掲げてまいりました。

今回丸いパーツを使用したアイテムを追加させていただきたのは、男性らしい、女性らしいといった
言葉に縛られないようにという意味合いを持たせて、丸いパーツとエッジの効いたパーツを一つ一つ組み合わせをしながら
ベーシックにご着用いただけるように仕上げてみました。

なんとなくお洒落っぽい、とか、
SNSでなんとなく流行ってる、とかそういう選択も間違いではありませんし、
欲しいアイテムで毎日が楽しく過ごせることが一番大切なことです。

ただ、今の時代の速さに流されて、物を大切にすることを忘れてしまったり
個人の大切にしている部分が見えずらくなってしまったり、


そういう部分に反抗して笑 アイテムに意味合いを待たせてご提案をさせていただいているので
アイテムデザインのバックグラウンドも着用時の楽しい気持ちの一部分にしていただけたら嬉しいです。


アフターケアのご相談も随時承っておりますので、
お気軽にメールにてご相談くださいませ。


ご覧いただきまして、ありがとうございます。


l'oro  菅原

AWのご紹介

2020.07.12

皆様こんにちは。

いつもl’oroをご覧頂きありがとうございます。

次回再販が7月25日22時を予定しております。
今回の再販では、AWの新作を少し早めに
オンライン先行アイテムとして販売予定です。

是非、楽しみにして頂けますと幸いです^^


今年のシーズンブランドテーマでもある『formless』
形のない、枠のないと言う意味がございます。

1人1人の持っている個性、
その個性を邪魔しないアイテムがテーマです。

より深いお話は次回させて頂きますね。^^

また、今回新型コロナウイルスの影響により
撮影ができなくなってしまったのですが
NYに住む友人にアートディレクションをお願いして
撮影してもらいました。

海外にも行く事ができず国内での撮影も厳しい中
こうして今までとは違った形で
今のNYの様子なども含め
Lookも楽しんでいただければと思います。



中々安心出来ない日々が続きますが
少しでも、皆様の楽しみの1つになれればと思います。
皆様、引き続きご自愛下さいませ。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

l’oro 豊田